黙示暗示猜疑...

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 19:37

彼の言葉は黙示。
それゆえ彼女を深読みという自己暗示に至らせる。
彼はネガティブに拡大解釈されることを恐れ

慎重に言葉を選んでるだけなのに...

 

メールの返信は当然遅れ、
それがまた彼女の猜疑心に火を点ける。

恋愛とはかくも面倒なもの。

 

「もう私はいらない存在なのだと理解しました」
「メールを送ったことも後悔しました」
「無視...されるのですね」

 

1日返信しなかっただけでこの世の終わりのような対応。

 

「死にたいです...」

「消えたいです...」

 

さらに追い打ちをかけるメールが届く。

こうなると返事のしようがなくなる。
なにを言っても無駄であり、空虚感さえ漂う。

 

別れを決意すると取り乱し錯乱状態で泣きわめく。
そして永遠のごとく離れられない共依存地獄が続く。

 


何度さようならしたかもう記憶にない...

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM