魔界に堕ちる...

  • 2017.02.18 Saturday
  • 17:58

官製ワーキングプアの非正規職員が
生活保護相談員として働くなんて考えもしなかった。

 

自分の住んでる市の広報に非正規職員募集の案内があった。
社会福祉士の有資格者で1年契約だ。
安い時給で危険かつ重責な業務をやらせる役所に疑問符がつく。

 

まさしく生活保護の隣にいるワーキングプアに見せつけるつもりか呆れる。
相談に来られても相談を受ける側が貧困に喘いでいる現実...

生活保護増加のため人手不足になり
高給取りの正規職員は雇えないから仕方がない?
冗談じゃない。その高い給料なんとかしろと言いたい。

 

どうやらこの傾向は全国的に拡がっていて
非正規の生活保護相談員は増える一方だ。
契約が切れて今度は働いていた人間が相談にいったりして...
ミイラ取りがミイラになる。

 

役所、ハローワーク、銀行とカウンターにいるのは貧しい人ばかり。
昔じゃ考えられないけどあらゆるところに非正規が食い込んでいる。
大手正社員既得権労組の連合は役に立たず
人手不足の中の貧困は増加するばかりだ。

 


そして魔界に堕ちる人々

 

占有離脱物横領罪という犯罪

 

 

ATM現金引き出しで金額を打ち残高を見た時、
その嫌な数字に
一瞬頭の中が真っ白になった。

 

いつも明細書を取らないのでそのままそこを離れた。
銀行の敷地を出ようとした時
現金を取っていないこと気づき慌てて戻った。

その間、約1分から2分ほど。


自分が使用してた1番端のATMでは
中年の女が機械を操作している最中だった。

彼女が去った後
ATMで残高照会をしたところ
引き出した金は戻っていないのが確認できた。

 

追いかけたが、足早に横断歩道を渡って行ってしまった。
女が盗んだのは間違いないと思ったけど、
個人的に動くと逆にまずいと考えワザと逃した。

 

ATMコーナーから電話で銀行に事情を話し、
警察に被害届けを出すことになった。
警察官を伴い再び現場に戻ったが
守秘義務の関係で法的書類がないと警察にも
防犯映像は見せれないとのことで後日、書類を揃えて
捜査に着手するそうだ。

 

警察では被害届の作成があったのだけど
結構、時間がかかる。
仕事が面倒な人だったらうやむやにされてたかもしれないが
幸い、若くてやる気のある警官だった。

 

犯人は魔がさしたんだろうけど、
盗んだ罪でいつ訪れるかわからない警察の影に怯えて暮らすはめになる。
お金はちゃんと働いて自分のものにしないと気持ち悪い。

 

今回、改めてお金の大切さと魔力を感じた。
数千円だったけどやっぱり悔しい。
警察の人は検挙しやすい事案だとは言ってくれたけど
さて、どうなることやら...

 

 

逃げても隠れても鏡に映ってるよ。

お金を取り忘れるという過失
もう痴呆の初期症状か...

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM