汚れた海の記憶...

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 18:42

USJへの分岐点になっている大阪環状線の西九条駅。

 

阪神電車難波線の乗り換え駅でもある。

昔、難波線は西九条が終点の阪神西大阪線だった。

もちろんUSJなどなく薄暗い大工場から鉄の匂いがするだけの寂しい場所。

 

自分は毎日その駅を降り、そして乗り継ぎ会社に通勤していた。

過去記事にある心中未遂の一件はこの街と弁天町を繋いだ物語。

同僚女性を巡って対立したEと自分が誤解の中で血塗れになり、

疑心暗鬼から友情が崩壊していった。

 

今、振り返るとEとも自分ともセックスしていた女。

 

「わたし、まことくんが好き」

「好きになっちゃいけない?」

「なんで俺なの?Eは?」

「...」

 

世間によくある話。

Eのことで相談を受けてた自分が その女と深い関係になりズタズタに心が切り裂かれた話。

当時は精神的な病に対して理解もなくわからなかったんだけど 彼女は例の症状だったんだと思う。

例としか書けないのはМに検索される可能性があるから...

 

妊娠したことを知った親が 暴れる彼女を押さえつけ無理やり中絶させた過去。

自暴自棄になり何度も試みた自殺。

そしてそれに巻き込まれ一緒に死の淵に追い込まれていった自分。

環状線の電車が入れ替わり想い出が消えて行く前に あの時の心の整理をしている。

これも終活のひとつか...

 

 

心中未遂した場所、真夜中だった...

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM