マララ...

  • 2014.12.14 Sunday
  • 18:07
「あの日、わたしの弱さは死んだ」

女性の教育、人権を認めないタリバンに襲撃され頭を撃たれた日
彼女は恐れるものなどなくなった。

いずれは祖国に帰り女性の権利のために役にたちたい。
しかしそれが死を意味することも知ってのこと。
きっと彼女は自分が結果的に殺されることになっても
変えられる未来を作れるなら本望なのだろう。
もう弱さはない。強い信念に裏打ちされた心は生き続ける。

彼女は若い。
歳だけ無駄にとってる自分などよりはるかに聡明だ。
心の弱さを身体の鎧で隠し
変えれるはずのない他人を妬み愚痴を言う。
今の自分は偶然ではなく必然なのだ。

幸せも不幸も小さい宇宙の中で混ざり合ってる。
そのひとつひとつに感情をかき乱される愚かさ。
真に強い人は穏やかな波で揺らいでる。
怒鳴り散らす人間は相手が怖いだけ。それを怒鳴ることで誤魔化してる。



2005年の12月...
自分は号泣し、傷を舐め合うことが愛だと勘違いしてた。
いや、思い込んでた。
それでもふとした時に想い出し哀しみの海に沈んでしまう。
きっと弱いまま人混みに隠れ生きていくのだろう。
彼女とは雲泥の差だ...
 
コメント
2011/9 何日か忘れましたが、警備の仕事中にパシリさせられたとか、バカな業者もいますね。
僕も業者の方ですが、そんな話聞いたことないです。
みんなプロでお金をもらって自分の仕事をこなしてるのですから、そんな事させる業者はバカです。ただ、砂利の掃除は大体してますね。
歩行者の転倒防止なのか、車の飛び石防止の為かわかりませんが、警備員さんが掃除してる姿はよく見ます。
たいへん昔の記事でしたが、まだ警備のお仕事をされている様でしたらどうか、頑張ってください。僕は警備員さん尊敬してますよ。
  • noname
  • 2014/12/19 8:36 PM
コメントありがとうございます。
あの記事の文章は知人が送ってきたメールです。
彼はまだ警備員の仕事してますよ。
きっとあなたのコメント見たら励まされると思います。
世の中捨てたものではありませんね。
  • まこと
  • 2014/12/21 12:03 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM