里親はボランティアなんかじゃない...

  • 2011.09.14 Wednesday
  • 21:29

 里親制度:悩む里親、支援が急務
 

約1年間育てていた3歳の里子を昨年8月死なせたとして、
鈴池静被告(43)=東京都杉並区=が9日、傷害致死罪で起訴された。
不遇な子を一般家庭で育てる里親制度を国は促進しているが、
支援体制は十分ではない。里親たちはどんな不安を抱えているのか。【榊真理子、鈴木敦子】


テレビのリモコンで窓ガラスをたたき割り
「くそばばあ」とののしる。
里子として預かる中学2年の女子(13)との毎日は「バトル」だと、
千葉県に住む里親の女性(65)はいう。
里親登録したのは、子育てが一段落し
「夢中になれるボランティアをしたい」との夫(65)の言葉がきっかけだった。


10年前に家に迎えた当初は「ママ」となつかれ、
夫や息子(37)と動物園や遊園地に連れて行った。
だが小学校高学年から荒れた行動が目立つ。
腹立たしく、「育て方が悪かったのか」と不安になる。
児童相談所(児相)に相談すると
「どの家もそうです。だめなら措置解除しますか」。
施設に帰す手もあると言われただけだった。

  ◇  ◇

里子となるのは、親の虐待や病気・死亡などで家族のもとで暮らせなくなった子どもたちだ。
親の愛情を知らず屈折した感情を持つ子もいる。
相手がどこまで付き合うかを見るために、
「ためし行動」と呼ばれる極端に反抗的な態度をとることがある。


鈴池被告の事件で亡くなった女児は、
親の事情で生後すぐ、乳児院に預けられた。
最初から施設で育ち甘えた経験がない子は、
人と愛着関係が結びにくい「愛着障害」をもつとされる。
「乳児期に特定の人と関係を結べていないので、対応は難しい」(児相職員)との声も上がる。


鈴池被告には10代の娘が2人いたが
「社会貢献したい」と里子を引き取ろうとした。
里親登録するには、子育てへの意欲や経済力などの適格性が問われ、
認定部会で審議して決める。
被告は声優として活動しつつ、イベント会社も経営していた。
ある部会委員は「仕事が忙しい方なので、
幼児ではなく自立した中高生以上にすべきだったのではないか。
審議の意見は反映されたのだろうか」と話す。


近くの里親たちからは、被告の子育てに対する疑問の声が複数、上がっていたようだ。
実の娘が「ご飯を作ってくれない」と言っている
▽休日に実の娘が里子を連れて歩いており
「お母さんは面倒を見ない」と言っている−−。
事件後、東京都が里親を集めて開いた会では、そんな証言が出た。
杉並児童相談所によると、里親が集うサロンの中でも、
鈴池被告を心配する声が上がり、児相の職員が電話連絡したこともあるという。


鈴池被告は死亡した女児を預かる前、
ある乳児院の3歳児を里子にしようと約3カ月間週1回、面接を重ねていた。
乳児院の院長によると、里子にしようとした子どもの親族に問題があるとして断った。
院長は「子どもは心を開けるようになっていたが……。
夫が一度も面会に来ないのは不思議に思った」と話す。

  ◇  ◇

里親になるには、子どもの発達や制度の概要を学ぶ事前研修がある。
東京都の研修期間は4日間で、
他の道府県も数日程度。トレーニングが不十分だとの指摘もある。
「最初から長期で里子を育てるのではなく、
まず短期で委託を受けて経験を積むなど、里親を育てるシステムが必要だ」と
児童養護施設「二葉むさしが丘学園」(東京都小平市)の黒田邦夫施設長は話す。


里親と里子の関係がこじれた事態は「不調」と呼ばれる。
全国児童相談所長会が7月にまとめた報告書によると、
全国194施設で10年4〜11月に
里親への委託が解除(親子関係が停止となる)された事例のうち、
4件に1件が不調によるものだった。


不調になれば再び施設に戻る例が多い。
関東地方のある施設長は
「実親に育児放棄され、里親にも見捨てられると、心の傷が深まる」と不安視する。
「児相職員はいま児童虐待への対応に忙しく、里親のケアまで手が回らない。
里親は行き詰まり悩みを抱え込む傾向がある」と分析する。

  ◇  ◇

里親にはどんな支援が求められているのか。
09年施行の改正児童福祉法は、里親支援を都道府県の業務として明記した。
厚生労働省は08年から、自治体から里親支援を委託されたNPO法人や
児童養護施設への補助率を上げている。


二葉乳児院(東京都新宿区)は08年度から支援事業を始めた。
先輩里親が里親家庭を訪問する事業が主だったが、
悩みを聞いた先輩が精神的に参ってしまい昨年度から、
臨床心理士の職員による家庭訪問を始め、好評だ。


里親同士の横のつながりも重要だ。
東京都西部の女性(52)は昨秋、男児(5)を迎えた。
実母と住む場所を転々としたためか不安定で、「食べ物に異常に執着した」。
最初の日の昼食でご飯を4杯食べた。
おなかを下しても「まだ食べる」と言う。
車の後部座席に乗せると「前に乗る」と動かない。こだわりの強さに驚いた。


そんなとき頼りになったのが「里親ひろばほいっぷ八王子」だ。
15人の子どもと関わってきた里親の坂本洋子さん(54)が代表で、
週1回、里親たちが子連れで集い自由に話し合う。
「そのままで大丈夫とか、あなたのルールでやればいいと言われると安心する」と女性は言う。


八王子児童相談所の外川達也所長は
「里親同士が結びつくことが大切。
里親の情報をもつ行政が主導して、つながりを強められれば」と話す。

==============

◇里親制度
親の虐待や死亡などで家庭で暮らせなくなった子を、
別の家庭が乳児院などから引き取って育てる制度。
都道府県が里親に養育を委託する。
児童相談所が里親希望者の家庭訪問や調査をして、里親として認定・登録される。
厚労省によると10年3月末時点で、
児童養護施設か乳児院で生活していた子は約3万3000人で、
里親に委託されたのは約4000人。委託率は10.8%だった。
国は14年度までに16%に引き上げる方針を打ち出している。


毎日新聞 2011年9月14日 東京朝刊


里親は公費で里子を世話して報酬を受けとっている
里親, 里親制度, 里親手当, 里子, 養育費, 養育家庭 1里親には、
充分に子どもを養育していけるだけの「養育費」のほかに、
里親の報酬である「里親手当」が、国から支給されている。


養育費は約55,000円/月、里親手当は73,000円/月、
さらに自治体から支給される援助もあり、
たとえば東京都では、25,000円の養育費が加算され、
毎月およそ15万以上の金額が里親に支給されてることになる。


医療費、通院交通費(タクシー代など)、保育料、学費、教材費、学校行事にかかる費用は、
すべて無料か全額支給で、公立なら高校の学費も無料。
新規委託時の支度金、七五三などの行事、進学などの際にも援助が出るし、
夏期や年末年始のレジャー費用、お正月の支度などにも、それぞれ手当が支給される。


これらは、里子を養育するために支給される援助の、ほんの一部にすぎない。
ほかにも、採暖費だの、特別育成金だの、調べ切れないほどの手当が支給されてるし、
自治体が独自で支給してる援助も含めると、かなりの金額になる。


たとえば、里子1人に対して、総額で年間約2百万もの予算が出てるの。
この不況の時代、実子2人に月3万もかけてませんって家庭も多いのに、
里子1人に年額2百万ですよ、にひゃくまん。


つまり、里子に平均的な家庭の子どもと同程度の生活をさせた場合、
里親が自腹を切るってことは、まずありえない。
里子がいるから生活が大変、だから里子に人並みの服を買ってやれない、
食費を切り詰めざるを得ない、というのは、ありえないことなのよ。


でも、世間では「里親は私費で里子を養育してる」とか
もしくは「手当が出てるとしても、薄謝程度だろう」と思ってる人が多いから、
その誤解をいいことに、国や自治体から支給される養育費を里子のために使わないで、
私腹を肥やしてる里親が多い。


里子の学校の保護者や隣近所に「里子がいるから生活が大変!」と言って、
お下がりの服や食料をクレクレ乞食してる里親もいる。


里親団体も、国や自治体による手厚い支援の内訳を隠して、
「里子を育てるのはお金がかかるんですぅ!多くの里親が自腹切ってるんですぅ!」と同情乞食した挙句、
「里親手当を増額してちょーだい!」と行政に詰め寄っているそうな。


年間2百万、医療費も学費も無料なのに「お金が足りない」ってあーた、
どんだけやりくり下手な人々の集団なのでしょうか?
しかも、「里子のため」と言いながら、増額を希望してるのは里子の養育費ではなく、
里親の報酬である「里親手当」であるってのも、ひそかに笑えます。


いくら保護児童に予算をかけても、肝心の児童に届かず、銭ゲバ里親の私腹を肥やすくらいなら、
不況に負けずに頑張って子育てしてる実親家庭や母子家庭、もしくは児童養護施設への援助を
もっと手厚くすればいいのにと思ってしまうわ。



上部の里親に関する記事と
里子だった人のブログを対比させてみたが
あきらかに下記のブログのほうが信憑性があると感じるのは自分だけか
http://gladiolus2009.wordpress.com/より...

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント
よう言うわ!
施設内で職員による少女のわいせつ罪で職員やめとるやろ!
2011の夏頃!施設長の辞任を求む!
偽善事業なりに誠意をみせろ!
二葉むさしが丘学園にあずけたら終わり。
職員じゃないのに子供を連れ出させたりしている。
何かおこってからでは遅い。
施設長および組織じたいあやふやである。まず本部が学会横にあるのも宗教的組織に違いない。こんな杜撰な経営方針でよくやっているもんですね。
3030さん
こちらからはだいぶん離れた土地なので詳しいことはわかりませんが、どこも問題があるのですね。

里親については世間はまだ無報酬のボランティアと勘違いしてるみたいです。
あれは完全なビジネスとして成り立ってますね。

施設もグルでは子供は浮かばれません。
12月に病院で帝王切開で産まれ、赤ちゃんを引き取り。保健所の人が、育ててくれてます。それは、助かりありがたく思います。産まれてすぐ、赤ちゃんの姿を見ず引き取って貰いました。でも、帰って来て欲しいです。悩んでます。もしそれなら、実の子凛萌は、女のこなんですが、戻ってきますか?お家ある生活をしてもらいたいです。保育士になりたいっと思ったくらい子どもが好きです。凛萌は、実家で、スクスク育ってくれたらいいです。シンままになり、愛情を注ぎ育てたいです。どうか教えてください。私のところに戻ってきますか?離乳食も勉強したいです。食事とぅ、多少知りました。詳しくありませんが、子どもが好きで、保育士になりたいって思った事があるくらいですから、シンままやっていけたらっと願っています。子供が愛おしいです。
コメントする








    
このページの先頭へ▲

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM