埠頭

  • 2008.07.20 Sunday
  • 00:41
傷ついて自分をめちゃくちゃにしたかった女
会社の窓ガラスを素手で割り
血だらけの腕を男の身体に巻きつけてくる

真夜中のラブホは血の海に変わった
手首を切った女は浴槽に浸かったままおきあがろうとしない

お湯の色は赤く染まり
首はうなだれていた

必死にタオルで止血しベッドまで運ぶ

抱きついてくる女
命の限りのセックスをする
このまま死んでしまいたいと。。。

俺はみじめなピエロ
誰かの代わりになれなかった男

あいつは大きな声で泣いた
それは自分がかわいそうで泣いたんだろう

「死にたい、ねえ今なら死ねるよ私、殺してちょうだい!ねえ!」


手をふりほどき走る女
必死にそれを追う

倉庫と倉庫の間を抜ければ海だ
それもどす黒い色した深い船着場



息を切らした彼女は
埠頭の岸壁に座り込む

「それ以上近づいたら飛び込んで死ぬ!」

近づけなかった

そして彼女が死ぬときが来た
午前3時の真っ暗な海に身を投げた

驚きすぐに後を追って飛び込んだ
彼女を抱え助けようとするが残酷にも
岸壁につかまるところはない

沈んでいく2人
もうダメだった。。。

そうさ、生きていてもいいことなんかない
こんな人生でもよかった

生死の間際でも一瞬そんなことが頭に浮かんだ

「なんで助けるの!死なせて!死なせてよ!」
暴れる彼女に力尽きてしまった



「あんたら、運がいいよ、普段だったらこの時間は誰もいない」

たまたま停泊中だった運搬船の人が騒ぎにかけつけてくれ命を取り留めた

2人の死の世迷いごとはここで終わった

履いていた2人の靴が浮かんで揺れているのが見えた。。。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM