答えないのが答えだったんだ...

  • 2016.09.24 Saturday
  • 19:52

今更だけど広島の優勝は感慨深い出来事だ。
2005年から付き合い始めた羊と自分
原爆ドーム近くから一緒に見た市民球場
もうそれは取り壊されて消えてしまった。

 

クリスマスの夜に連れて行かれた薬研堀の野球鳥。
今はカープ鳥と名前を変えて営業してる。
飲めない酒を無理して飲んで笑ってた。
店の中はカープ一色だった記憶がある。


それもこれも現実とは思えないほど切ない...

新天地の外人だらけの洋楽バーも今年店を閉めたらしい。
何もかもが時の流れの中で消えて行く。
真夏に泊まった並木通りのホテルもない。
側に立つ広島パルコだけは健在だ。

 

広島駅前の再開発はとても寂しい。

変わっていく街を誰も止められない。
消されていく想い出を止める術はない。

 

あの頃のふたりは弱っていた。
誰かにすがらなければ死にそうだった。
だから弱い者同士で傷を舐めあうしかなかった。

 

広島という地で涙を流した。
何度も抱き合うことで心を寄せ合い
それが愛だと勘違いしていた。
羊が妊娠してたら嬉しいとブログに書いてるのを見た時
驚き、言葉が出なかった。

 

「やっぱりおろして欲しい?」
「...」

 

何も答えなかった。
いや、答えれなかった。
答えないのが答えだったんだ...


結局、妊娠はしてなかったんだけど
羊は自分を試したんだろうと後になって思った。

自分は身勝手で卑怯な男でしかなかった。

 

その後ほろ苦さを残しながら
恋愛関係は終止符を打った。
広島の街を走る路面電車は懐かしさと切なさを乗せている...

 

 

空っぽのベンチが好きだ

幸せが見たくないだけかもしれない...

 

 

永遠の共依存...

  • 2014.03.16 Sunday
  • 17:58
「あたしを殺してくれる?」
「死ねないの、ねえ殺して」
「薬、もうない。全部飲んだ...」
「腕、切った。血が綺麗だよ」

「何言ってんの!」
「もう変なことすんな!」

「変なこと?」
「あんたがいるからだよ」
「あんたがあたしを殺せば全部終わるんだよ!」
「もう苦しみたくない。楽になりたい...」

壊されたい
めちゃくちゃにされたい...

そうなんだ、そうなんだね。
愛なんて狂った病は 不幸の中でしか存在できないんだ。
だから君は幸せじゃなく不幸を追い求めてる。

それが意識的なのか無意識なのかはわからない。
でも... 破滅こそ恋愛の結末に相応しい。
それは間違いないよね。



いつまでもいつまでも繰り返す。 どちらかが死ぬまで...
ブログランキング・にほんブログ村へ

恋愛という狂気...

  • 2013.10.11 Friday
  • 19:58
時として恋愛とは狂気そのものになる。
正気を失わせる高揚感や依存、渇望。
愛した異性を殺すのは
きっと誰にも渡したくないという身勝手な心理。

追いかければ追いかけるほど遠ざかるのに
恋愛という狂気はそれを止めきれない。
本気度が強ければ強いほど結末は悲劇的だ。

愛し合っていた。
それはまぎれもない事実だろうが
片方にはすべて過ぎ去った想い出ででしかない。
しかし取り残されたもう一方は何も終わっていない。

愛した人が
自分をわかってくれるただ一人の理解者だったら
失う恐怖に苛まされ凶行に走ってしまうのだろう。
それらは精神医学の一部で心理状態は羅列されてる。

自分自身も若いころ突然フラれ
気が狂うような絶望感で立ち直れず
二人が過ごした場所をひたすら彷徨った経験がある。
どうしても会いたい。もう一度だけ会いたい。
叶わぬなら遠くからでも姿を見たい。

今思えば情けないほど未練がましく醜い人間だった。
傷を癒してくれたのは時間だった。
その時間は途方もなく長かったが...

 

葦辺より雲居をさして行く雁の いや遠ざかる我が身かなしも(古今集819)

あしべより くもゐをさして ゆくかりの いやとほざかる わがみかなしも

「葦辺から空に向かって飛んでゆく雁のように、どんどんあの人から遠ざかる私」
 ...
ブログランキング・にほんブログ村へ

羊がいた季節...

  • 2013.08.28 Wednesday
  • 22:38
真っ直ぐに、真っ直ぐに突っ走った。
倒れ込んだ時はいつも君が声をかけてくれた。
心が救われた...

はしゃいで電話した時もあったよね。
懐かしいよ、一昨年の秋だった。
好きになってたんだよ
まだ会った事もないのに勝手に浮かれてた。

その頃の自分はいつも後ろばかり振り返ってた
今も変わらないかな? でも今の方が不安ははるかに大きい。
時間がない。 ブログを始めた頃は会社に籍は残ってた。

もう終わってたんだけどまだ逃げ道はあったんだ。
でも春に再会した次の日に正式に別れを告げた。
だからこぶしの花を見てた時は切なかった。

君と手を繋いでる幸せと同時に
不安が現実になる事が混ざり合って複雑だった。
でもまだ春、保険も出る、余裕はまだあったかもしれない。

夏は幸せのピークだった
秋はもう会えなくなる気がした。
そして、この前のクリスマス。

ラストクリスマスが街に流れててまた切なくなった。
クリスマスに出会って、クリスマスに別れる。 そう感じた...



Bzの「いつかのメリークリスマス」の歌詞知ってる?
君がプレゼント抱えて来た風景にだぶって泣きそうだったんだ。
あの曲聴くと全てがだぶる。 プレゼントを抱え幸せそうな君...
ブログランキング・にほんブログ村へ

時間の蓋...

  • 2013.05.29 Wednesday
  • 22:06
冷たいキス。
その日のそれは氷のようだった。
夏だというのに...

埋められない溝を 無理やり埋めようともがいていた。
離れた心をキスでごまかそうとしても
舌は絡まず余計に虚しくなった。

繋がりたい
抱かれたい
感じたい...

君の透明な想いは
自分のどす黒い欲望に埋め尽くされ
もはや戻る術もない。

君も自分も毎日失ってるものがある。
それは時間。今も過ぎていくだろう?
二度と戻らない瞬間が...

輝きはあった。
眩しくて見えない照り返しや
張り裂けそうな笑顔。



冷たいキス
二度と戻らない時間の蓋...
ブログランキング・にほんブログ村へ

G線上にいた二人...

  • 2013.05.16 Thursday
  • 22:14
あの時、あたしと貴方はG線上にいた。
一本の弦を伝って落ちそうになるたび手を繋いだ。
心と身体のバランスが崩れた時、美しい旋律は突如乱れる。

不協和音はあたしの眠りを覚ます。
忘れていた感情を呼び覚ました。

殺したい...
殺したい...
貴方を殺したい。
あたしを殺したい。

あたしのことを怯えた目で見た貴方の表情が忘れられない。
きっとあの時のあたしの瞳は狂気に支配されていたんだ。

包丁を握りしめ刃先を貴方に向ける。
愛する女に殺される気持ちってどう?
震える貴方を見て悲しくなった。
そしてもうどうでもよくなった。

あたしはG線上からひとりで飛び降りる決意をした。
あたしが愛した人はあたしの永遠ではなかったとわかったから...

http://www.youtube.com/watch?v=DmOJ53HB0R4



ブログランキング・にほんブログ村へ

遠くに行ってしまったね...

  • 2013.05.13 Monday
  • 22:12
五月の月光にさようなら。
出逢ったことにさようなら。

久しぶりに手首を切った。
流れる血の色にぞくぞくする。
この感覚... 貴方に舐めてもらいたい。

その舌、唇を赤く染めてあたしにキスして。
首筋を噛んで傷跡をつけて
真っ赤な傷跡、 消えないように強く噛んで。

あの時間に戻って愛し合おうよ、今夜くらいは。
月の光が人を狂わせるの。
中世の迷信じゃない、それは真実。

遠くに行ってしまったね...
手の届かない距離
近づきすぎた心をあざ笑うようだ。

五月の月光にさようなら。
出逢ったことにさようなら...




ブログランキング・にほんブログ村へ

咲き、そして散る...

  • 2013.03.22 Friday
  • 21:32
もう悩むことはない。
激しく罵られることもない。
平穏な季節の訪れ。
熱情などという時間はいらない。

荒れ狂う依存の塊
自分は貝のように口を閉じ
君がいなくなったのを確認してからそっと息を吸う。

怯えることもなくなった。
血を見ることもなくなった。
傷跡が残るのはふたりの歴史。
だから後悔はない。その時、愛し合っていたのは紛れもない事実だから。

生きるとは死ぬこと。
出会うとは別れること。
咲くとは散ること...



新幹線の改札で出会い、新幹線の改札で別れた ...
ブログランキング・にほんブログ村へ

大きな瞳と真っ直ぐな視線...

  • 2013.03.18 Monday
  • 22:09
地鉄富山駅で時刻表を見てた自分の背中に君の重みを感じる。
一緒の電車に乗りこみ対面式のシートに座った。
流れる景色は見えない。
昼間だと遠くに北アルプスが壁のように立ちはだかる。

前日の夕方 県庁前にある噴水のベンチに座っていた。
楽しかった一日はあっという間に過ぎ
気が付けばあたりはすっかり暗くなっていた。

「もう帰るね」
「今日、両親いないの」
「家に来て...」

迷った...
けど行くことにした。

彼女の部屋は二階にあった。
一緒に寝るつもりなんかなかった。
一階の部屋で横になってたら彼女が毛布を持って降りて来たんだ。

電気を消し抱きついてくる。
可愛くなって強く抱きしめ返した。

「こうするのが夢だったの」

君の上着をめくり ブラのホックをはずそうと手を背中に回した。

「怖い...」
「大丈夫だよ」
「これ以上何もしないよ」

愛してる
愛してる...

大好き
大好き...

夢中でキスしそのまま眠る。
寒さで起きると朝になっていた。
もう一度強く抱きしめキスをしたら切なくなってきた。
別れの時間だ。

お腹が冷え調子の悪い自分を心配そうに見てた君。
近所の人に見つからないように裏口からそっと出た。
そして彼女の家から一番近い駅へと急いで向かった。

東新庄という小さな駅。
富山行きに乗りひとり幸せに浸った。
富山からまた乗り換えて西へと向う。

大きな瞳とえくぼ。
真っ直ぐな視線が忘れられない。
それは目をそらすことを許さない強い意志の表れ。



ここも想い出の場所...
ブログランキング・にほんブログ村へ

デジャブ...

  • 2013.03.10 Sunday
  • 22:16
阪急三宮から北野坂を上る。
中山手通を過ぎたあたりから雰囲気がどことなく変わる。
異人館通りに出たあと細い道を左に曲がると急こう配な坂だ。

ひたすら歩きたどり着いた場所が北野外国人倶楽部。
その年の桜は遅れていた。
まだ肌寒い中、汗ばんだ二人は小さなチャペルの前に立つ。

前年から何度もメールやチャットで話し、
思い出作りのために選んだのがここだった。
無邪気に喜ぶ姿
ずっと一緒だと思っていた。

仕事を追われ彷徨ってた自分を救ってくれた羊。
孤独感からネットの中で依存していくのがわかったけど 止められなかった。
自分にはその時羊しかいなかったから...

神戸は海と山がすごく近い。
凝縮された空間に多国籍な色合いが散りばめられ
デジャブ感に時折苛まれる。



あの時と違う春がまた来る...
ブログランキング・にほんブログ村へ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

The Dark Side Of The Moon

ブログランキング・にほんブログ村へ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM